2008年12月13日土曜日

歌は耳コピーで(1)


倶楽部の工工四には、
「四合上合中工…」
という三線の運指が、縦書きで書かれています。

そのすぐ横には、カタカナで、各行に、
「サ キ ミ ハ ノ ナ カ ノ」
みたいに、歌詞が書かれてあります。

このカタカナについて。
それぞれの文字が、置かれている、位置のこと。
必ずしも、先生の唄・そのとおりのポジションに書かれているわけではないのです。
わりとテキトウな場所です。

なので、工工四どおりになぞって発声する必要はなくて、それどころか、「歌がちがう」と先生から指導されます。



当教室では、歌は耳コピーで覚えます。

お稽古のときに、先生の歌を、よーーく聴いて、メロディを記憶してくださいね。

送信者 うまかず披露宴

0 件のコメント:

コメントを投稿

現代版組踊? from suumo.jp

  “奇跡の舞台”「現代版組踊」って? 大人と子どもがタッグを組み、地域に誇りを   「現代版組踊」。エイサーやヒップホップのテイストも入る、まるでミュージカルのようなエンターテインメント作品… 【水曜お稽古再スタート!!照屋三線倶楽部】