自己紹介

自分の写真

倶楽部blogはこちらです→http://teruya34club.blogspot.jp/
everytimeメンバー大募集中!!!見学・入会ご希望の方はこちらをごらんください→http://teruya34club.blogspot.jp/p/blog-page.html
当倶楽部へのご連絡は、teruya34club.fw1@gmail.comまで。その他、Blogコメント、facebookコメント、facebookメッセージ、などなどお気軽にどうぞー。発見しだいご返信いたします。
最近の活動報告は、facebookページ、https://www.facebook.com/TeruyaSanshinClubがメインになっています。
姉妹グループ「仲宗根充民謡研究所」、エイサー隊「てぃんがらも活躍中。

2008年12月10日水曜日

先生の左手


安里屋ゆんた演奏中を頭上から撮りました。

竿と左手の角度に注目

3 件のコメント:

  1. 体と平行に棹を持つ構えで今まで弾いていたので、こんなに角度をつけるのだと驚きました。
    また今まで三線の胴をおなかにつけて弾いていたのですが、胴は体から離すということを今週のお稽古で教えて頂き、有難うございました。
    Release Tension、しかし思うようにはなかなか力が抜けないものです。

    返信削除
  2. 何度もすみません、
    この記事は左手と棹が直角になるということだったのですね。

    返信削除
  3. >左手と棹が直角になる
    そうそう

    プラス、棹と体の角度も重要。


    先生みたいなフォームにすると、とても弾きやすいんですよ

    返信削除

このガジェットでエラーが発生しました