金曜稽古report

 
めずらしく参加した金曜日稽古の詳細レポートを書いてみます。
---------------


19:15、自分が着いたら、めでたい節を繰り返しちゅう。
生徒は5人。

めでたい節、ソロでひとりづつ1番を歌う、という指令が。
いきなり自分も歌わされた。

繁盛節。

上い口説。

かぎやで風。

安波節。
部内には何種類かの工工四が出回ってるみたいで、2番までの歌詞しか載ってないバージョンで歌う。

安里屋ゆんた(速)。

梅の香り。
舞踊曲だから楽器はみんなで揃えて弾く?みたいなことを先生が言われていた。
詳細不明。

いちゅび小。
楽器がみんなバラバラで跳ねるリズムが甘い、と先生。

ここで休憩。
Nシムラさん土産の、なんだか良いニオイのする、すんごい甘いお菓子をいただく。

いつのまにか、Rョウコちゃん、Hラド婦長、が増えていて、計8名に。

先生が、大昔の若かりしころ沖縄時代に喜屋武繁雄さんから直接習ったという、砂辺の浜、村興し節、を歌う。

休憩終了。
いちゅび小を、1番だけひとりづつ歌う。

パラダイスうるま島。

海人音頭。

ヒヤミカチ節。
この曲を一緒に歌うのは5人までだねぇ、と先生。
8人だと、なにかとバラバラらしい。

豊年音頭。

もうすぐ終わりの時刻なのに、ここで三下げに。

汗水節。

艦砲。
この曲は覚えやすいはずだよね?と先生。
覚えやすいとこなんて、ひとつもないんですけど?と生徒が返す。

てぃんさぐの花。

9時10分を過ぎて、終了。
おつかれさまでしたー

先生はタバコも吸わずに原チャリで帰路へ。
いちぶ生徒には、三号店からの合流お誘いメールが?
 

コメント