旗頭のつぶやき

部屋の掃除していたら懐かしい写真がでてきた。
僕が初めて舞台に立った時の写真がでてきた!
照屋先生が若々しいし、北村ご夫婦が若々しい。懐かしい思い出の写真を見てたら当日の事を思い出した。
前日に照屋先生から「新井君は明日は暇か?」と聞かれ「暇です」と言ったら「明日、三線を持って鶴見に一緒に行こう」と言われた。まだ三線を習い出してまだ日があさかったのにいきなり、ステージに立った。当日、北村のお父ちゃんに「三線弾けない」と泣きそうに伝えたら「大丈夫。三線弾かなくても唄を歌えばいいよ」と言ってくれた。見てる人達は沖縄の人、
緊張のために歌詞は消え、工工四は吹っ飛び、頭の中がマシロ
演奏が終わったら着ていたティシャツは汗でびっしょりになっていた。
泣きそうだったのを覚えてる。照屋先生の一言で初めて人前で三線を弾いた日は今も鮮明に覚えている。

今年のおさらい会は厳しいみたい。新しい人は「大変」と思う、僕もそうだったし今もイベントのステージに出る時は緊張して、震える事がある。
「人に見てもらう」でなく「自分が楽しむ」これが一番だと思います。ステージに何回も出て、失敗したっていいですよ、頑張ってやれば。
偉そうに言う人がいるけど。僕から言えば「ステージにたった事ないのに、一回出ただけで、人に言うのはどうなんだろう?」と思います。僕は照屋先生や第三者の人達に「ステージに上がるからには命懸けでやりなさい、いい加減な物を見せるな!!」と言われ続けてる
ステージやおさらい会は楽しみながらやりたいなぁ〜と思います。

新しく仲間になった方、気楽に気楽に
楽しくやりましょう

コメント