自己紹介

自分の写真

倶楽部blogはこちらです→http://teruya34club.blogspot.jp/
everytimeメンバー大募集中!!!見学・入会ご希望の方はこちらをごらんください→http://teruya34club.blogspot.jp/p/blog-page.html
当倶楽部へのご連絡は、teruya34club.fw1@gmail.comまで。その他、Blogコメント、facebookコメント、facebookメッセージ、などなどお気軽にどうぞー。発見しだいご返信いたします。
最近の活動報告は、facebookページ、https://www.facebook.com/TeruyaSanshinClubがメインになっています。
姉妹グループ「仲宗根充民謡研究所」、エイサー隊「てぃんがらも活躍中。

2009年4月26日日曜日

尺(5) 首里三線店<

首里三線店さん

勉強になるメールマガジンですねー


下のほうのコラム「尺はどこへ行く!?」
「尺」は「シ」とイコールではない
・・・
コンクールとなると「シ」で弾かなければならない場合もある

うちの倶楽部には関係はないんですが、
15cmの尺ではコンクールに落選するみたいですね。
知り合いの三線弾きたちも同じことを言ってました。

曲目は、「祝い節」だったか「かたみ節」だったか



…「尺はどこへ行く!?」記事に戻ると、

終わりのほうに、誤字があります。
本来、三線の調弦は純正調で、ピアノの音に代表される平均率とは違っているはずです。
×平均率 → ◎平均律

純正律と平均律、どちらも、「ドレミファソラシド」の音階のことです。
でも、音程がチョットだけズレています。
なぜズレているのか?は、難しすぎて説明できませんkけど、
ようは、
「本来、三線の「尺」は、ピアノの「シ」より、ピッチがちょっと低い」
ってことのようですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました