新・安里屋ユンタ、2番の歌詞

新・安里屋ユンタ
作詞:星 克
作曲:宮良 長包


【2番】

♪嬉し恥ずかし 浮き名をたてて
嬉しいやら恥ずかしいやら、ふたりの仲は、みんなの噂になってる。

♪主は白百合 やれほに ままならぬ
でも、白百合のように純情無垢なアナタは、そんなの気にせず、私のそばから離れない。


…すっかり恋人自慢になってますが、3番まで連発される「やれほに…」が、検索しても意味不明です。

「やれやれ、ほんとに、…」の略だ、という説があるようです。
だから、発音は、「やれほにー」と、「ん」入れるのが正しいんだ!みたいな文章もありました。

照屋先生の唄では、「ん」、入ってませんね。

いま、手持ちの音源を聴いてみたところ、登川誠仁「スタンド!」とか、7曲中2曲が、「やれほんにー」になってました。



以上、素人の、かなりアヤしい翻訳です。
でも、つづく。

コメント