自己紹介

自分の写真

倶楽部blogはこちらです→http://teruya34club.blogspot.jp/
everytimeメンバー大募集中!!!見学・入会ご希望の方はこちらをごらんください→http://teruya34club.blogspot.jp/p/blog-page.html
当倶楽部へのご連絡は、teruya34club.fw1@gmail.comまで。その他、Blogコメント、facebookコメント、facebookメッセージ、などなどお気軽にどうぞー。発見しだいご返信いたします。
最近の活動報告は、facebookページ、https://www.facebook.com/TeruyaSanshinClubがメインになっています。
姉妹グループ「仲宗根充民謡研究所」、エイサー隊「てぃんがらも活躍中。

2008年6月12日木曜日

照屋寛正物語(2)

三線を習いはめて2ヶ月、ようやく祝い節が完成したころ、山内先生が引っ越してしまうことになりました。


別の先生をさがして、入門したのが、山城幸夫氏。
ここでは3曲ならったそうですが、どの曲だったか?は忘れてしまったとのこと。

そして、早くも!ひと前デビューしています。
友人の結婚式にて、唄ったのは、祝い節(早)。

↑祝い節、照屋先生かなり好きな唄で、いまでも飲み会でよく唄っていますね。


沖縄ですから、おけいこが終わった夜は、酒呑みがはじまります。
まだ若い照屋先生は、先に帰るわけにはいかず、いつも遅くまで付きあわされます。
バスもなくなり、深夜、歩いて帰宅するのですが、月あかりもない、まっ暗な、さとうきび畑のなかの夜道は、風が吹くとザワワッと鳴って、とても恐ろしかったそうです。

どうやら、オバケとかが苦手なひとのようです。


つづく


 

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました