新・安里屋ユンタ、4番の歌詞

新・安里屋ユンタ
作詞:星 克
作曲:宮良 長包


【4番】

♪染めてあげましょ 紺地の小袖
私が染めた紺地の着物を、あなたに、さしあげます。

♪掛けておくれよ 情けのタスキ
かわりに、愛情という名のタスキを、私に掛けてください。


愛の交換を、着物の交換で、表してます、うまい歌詞。
「タスキ掛け」って、体をグルグル巻きにしますからねー



作詞の星克は、石垣島の学校の先生で、この時代に↑を作詞。
戦後には、琉球政府の立法議会の議長!という職にまでついた、かなりえらい人。


作曲家の宮良長包は、「えんどうの花」という、これまた有名曲を作ってます。
彼の生涯は、ついこないだ、映画になりましたよ。
→ 映画「えんどうの花」

宮良長包役を演じたのが、これまた有名なイケメン民謡唄者。
→ 「池田卓」公式サイト



以上、素人の、かなりアヤしい翻訳でした。
つづく。

コメント